サイディング外壁の特徴

一戸建ての家を見たとき、外観の印象が一番強いのが外壁です。
外壁を見て「やっぱりマイホームがほしいな」と思ったこともあります。

日本で新しく建てられる住宅につかわれる外装材の約80%はサイディングです。

サイディング(サイディングボード)は平たく長い板状で、建物の形状に合わせて貼り、シーリング材でシーリングされます。

以前はモルタルが主流でしたが、ひび割れがしやすいうえ、施工時間も費用もかかるということで、今はサイディングが主流となっています。

使われているサイディングのほとんどが窯業系サイディングです。
コストパフォーマンスやデザインの豊富なバリエーションのため人気です。

デザインはレンガ風、タイル風、西洋風などがあり、自分の好みの外壁にすることができます。


モルタルよりサイディングの方がいいような印象がありますが、サイディングやシーリングも劣化によりひび割れを起こすことがあります。

主流の窯業系サイディングは吸水性に優れるため、サイディングに塗っている塗料が劣化するとサイディングのひび割れ、反り、溶解などの原因となります。

また、シーリングの劣化することで水が浸入することになるので、サイディングの劣化の原因になります。

ですので、サイディングのひび割れなどを防ぐにはサイディングの補修が必要となります。

 

 

サイディング外壁の補修作業


サイディング外壁の補修作業は
・サイディングボード
・シーリング材
・塗膜
の3つになります。

 

サイディングボードが水に弱いので、水を吸収させないために塗膜を補修することになります。

なので、外壁にひび割れや亀裂がなくても、外壁塗装によるメンテナンスが必要になります。

7~8年毎に塗装工事するのが目安です。

サイディングボードのひび割れや溶解が進行していた場合、サイディングボードの交換が必要となり、さらに補修費用が必要となります。

塗装やシーリングをすることはDIYに慣れている方であればできるかと思いますが、サイディングが痛んでいる場合は素人では難しいのではないかと思います。

また、高いところの外壁を補修するには足場が必要となります。

ちょっとしたひび割れくらいならDIYで補修できますが、外壁をずっと長持ちさせたいなら外壁塗装業者に依頼することをオススメします。


「外壁塗装業者って、どこにお願いしたらいいの?」
という場合は、一括見積もりサービスを提供しているヌリカエを利用してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

一括見積もりサービスのメリット


外壁塗装を依頼した場合、気になるのはトラブルです。

 

数年たたないうちにひび割れ、変形、はがれなどのトラブルが生じることがあります。
塗装に関するトラブルは多く、トラブルの原因は必要な工程を省いていたり、塗料の質を下げていたり、悪徳業者が施工していることというのが多いようです。

ヌリカエでは全国の優良塗装業者とパートナーを組んでいます。

簡単な見積もり依頼をすると、ヌリカエから電話があり、状況についてヒヤリングがあります。

状況を聞いた上で、マッチする外壁塗装業者を選び相見積もりすることで、よりよい業者を紹介してもらえます。


というのも、外壁塗装を依頼するときは1社で決めてしまう人多く、複数の業者と比較をしていないため、悪徳業者か判断できずいらいしてしまった、というケースが多いからです。

外壁や塗装のことがわからない素人よりも、詳しい専門家に任せた方がいいなと思うので、業者とのやり取りもやってもらえるのはありがたいです。


外壁をいつまでもキレイな状態にしておくためにも、外壁塗装をしておきたいですね。


​↑外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

© 2019 外壁 サイディング rss