サイディングの外壁塗装は10年に1度が理想と言われていますが
なかなか定期的にされている方って少ないですよね?
じゃあどんな状態になったら塗装のサインなのか調べてみました。

現に我が家も10年以上たっておりますが、
まだ外壁塗装をしたことがありません。
遅くても数年後には外壁塗装デビューするので
外壁塗装はどんな物なのか少しお勉強しておきます。

どういった時に外壁塗装をするのか。

そもそも外壁塗装ってなぜするの?って思いませんか?
塗装は家をキレイに魅せるだけでなく、
家を守ってくれています。

変色やチョーキング、カビなどが見られるようになったら外壁塗装のサイン。
年に1度でも定期的にお家の点検をするといいと思います。

工期→約2週間
費用→約100万円

塗装のメリット
・キレイにする
・耐久性向上
・建物の保護
・断熱効果
・遮熱効果
・防水効果
・防湿効果
と日々雨ざらしの外壁なので、少しずつ劣化しています。
劣化から守るためには外壁塗装は必要な作業と言えます。

塗装のデメリットとしては
・費用が掛かる
と言った感じでしょうか。
外壁塗装をするにあたって機能的な面でのデメリットはありません。


外壁に危険信号があるのにも関わらず放置してしまうと、
塗装だけじゃすまなくなってしまいます。
そうなった時は重ね張り。

外壁にヒビや塗装の剥がれや膨れが見られたら
張り替えのサイン。

工期→約10日
費用→約150万円

重ね張りのメリット
・断熱効果
・防音効果
・廃材費がほとんどいらない
・工期が短い

重ね張りのデメリット
・ほとんどが金属サイディングになる
・外壁が重くなるので、地震に弱くなる
窯業サイディングは重いので、基本的に重ね張りは金属サイディング。
自由に選べないところがデメリットなのではないでしょうか。


外壁がひび割れした上に内部まで腐食してしまったら
張り替えとなります。

工期→約2習慣~1ヶ月
費用→約200万円

張り替えのメリット
・剥がすので内部メンテナンスができる
・地震に強くなる

張り替えのデメリット
・費用が高くなる
・工期が長くなる
最終手段ともいえる張り替え。
高額出品になってしまいますが、メリットもかなりあると思います。


外壁塗装では手に負えなくなったら
次のステップとして重ね張りになります。
でも、少し費用は掛かりますが、
内部まで確認できる張り替えが安心。

サイディングの耐用年数は30年だそうです。
今まで定期的に外壁塗装してきたお家でも、
30年をめどに重ね張りか張り替えの検討をオススメします。

© 2019 外壁 サイディング rss